今回は、名古屋→中津川→飯田→伊那→松本→長野→飯山→十日町市→魚沼市→喜多方のなるべく登らないルートを選択しました。

名古屋を2時半に出発し、今回一番標高の高い治部坂峠を目指します。

峠を越えた後はアップダウンの少ない天竜川沿いにそって北に進みます。
松本から魚沼はほぼ平坦の為、順調に進むと思いきや想像以上の暑さでなかなか進まずに予想以上に時間がかかりました。

CP1の六十里越は何度か走った事があるのですが、何度走ってもつらい。
田子倉湖を越えた辺りからぽつぽつと雨が降り始めたが、小雨のため合羽を着ずにそのまま行きました。

CP2の杉峠は入り口を一回間違えたが、問題なくクリア
しかし、ここで49号線側に降りてしまうミスをしてしまいました。
道は荒れているし、車は多いし大変でした。

最後の最後で雨に降られて、目的地の喜多方駅に到着したときはずぶ濡れでした。

俵屋さんで一泊し、喜多方ラーメンを食べて帰途に。

帰りはCP3三森峠を越えて郡山まで自走し、そこから新幹線で名古屋まで。

(by K)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です