あぶくま桜サイクルロゲイニング

2017年4月のお好きな日に、1人から5人のチームで阿武隈高地の桜を3か所以上めぐり、写真つきの旅レポをSNS・ブログ等にアップのURLを事務局に送ってください。その際に福島県内に宿泊すれば一人あたり2000円(先着50組まで一人3000円)の宿泊助成が受けられます。

開催期間とルート

2017年4月7日~4月30日 ルートは走る人が自由にきめてください

桜チェックポイント

下の地図のチェックポイント(丸で囲んだ桜アイコン)を3か所以上まわってください。
チェックポイント:丸がついた桜がチェックポイント
sakura_20x19:丸のない桜は名桜ですがチェックポイントではありません

参加ルール

こちらの参加ルールをごらんください

おすすめの桜

まずは三春滝桜。桜もいいのですが車で2時間渋滞して行くところをスイスイ自転車で行く気持ちよさもいい。他は、天神夫婦桜、五斗蒔田の桜、七草木の夫婦桜、平堂壇の桜、不動桜などの農地の土手に咲く田舎桜。二本松市では断然合戦場の桜が周辺を含めてすばらしい。少し辺鄙なところにある(どこも辺鄙ですが)人待ち地蔵桜もおすすめです。

あぶくま高地は坂だらけ

abukuma_terrain
阿武隈高地は小さな里山がポコポコと並ぶ地域で、したがって登ったり下ったりの坂が続きます。脚力を鍛えるには良い土地です。坂道がきらいな人は自転車で走るのはやめときましょう。

桜は土手が大好き

三春滝桜をはじめ、阿武隈高地に名桜が多いのはなぜかわかりますか。ひとつは三春滝桜の子や孫があちこちにあること。ふたつめは実は、桜は土手(傾斜地)でよく育つのです。阿武隈高地は土手だらけなので、桜がよく育ったと考えられます。

里山続きで迷子に注意~マップアプリがおすすめ

阿武隈は、同じような高さの山と谷が続きます。山と谷で視界が遮られ、どこへ行っても似たような里山風景が続くので、道がわからなくなります。スマホから上の地図をgoogle mapアプリで開いて(右上の四角をタップしてアプリで開く)、行きたい桜アイコンをクリックすれば、道案内をしてくれます。これがめちゃくちゃ便利。ただし、google map は自転車道データがほとんどなく、歩行者用と自動車用のルート案内しか事実上機能しません。歩行者用を選ぶとえらい山道を走らされることもあります。それもまたおもしろいです。

Garmin Edge 800などに桜の位置データを入れる方法

Ride with GPSに主な阿武隈の桜の位置データを入れました。これをGarmin Edge 800等に読みこめばLocationから選択することでGarminに道案内させることができます。英語版Garminでも読めるようにアルファベットで表記してます。読み込み方法:ここの右上EXPORTをクリック→右中段のInclude POI as waypoints?にチェック→GPX TRACKSをクリックしてGPXファイルを取得→Garmin EdgeのNewfilesに保存(他のアプリならGPXファイルをインポート)→ここの多数のPOIがすべて読み込まれます